スタッフダイアリー | 渋谷発デリヘル|クラブミモザ 超高級派遣ヘルス-mimosa-

VIP御用達デリヘル | 渋谷発 最高級派遣クラブ-ミモザ-

渋谷発デリヘル|クラブミモザ 超高級派遣ヘルス-mimosa- » スタッフダイアリー

[2018/9/25] 誰もが納得の清潔感と男受け確実な美形のフェイスEクラス 後藤環菜溢れ漏れる性の香り」は魅惑の艶となっております。

スタッフダイアリー

スタッフダイアリー

2016年11月01日(火)スタッフダイアリー始めました

こちらのページを利用してスタッフダイアリーを始めました。
当店の近況報告や、スタッフのひらめきなどを書き綴っていこうと思っております。

どうぞ宜しくお願い致します。

2017年12月05日(火)幸運が訪れる事を願って

書こうかどうか迷ったんですけどね。・・・やっぱり書こうかと。

高山善廣・・・日本のプロレス・総合格闘技を長年に渡り牽引してきた偉大なる「格闘家」が、試合中にケガをしたと。

頸髄完全損傷。それも医師は「回復の見込みは現状ない」との見解。首から下が完全にマヒ状態って・・・マジかぁ。

自身も身体を壊して半年近く入院した事があります。身体を動かす事が出来ない状態がいかに辛い事か!少しは理解しているつもりでいるのですが、それは回復する事が約束された状態。今回の高山選手のケースとは次元が違う。

ほぼ全身マヒ状態で、回復の見込みが無い・・・自分の事として考えてみましたが、如何に強靭な精神力・前向きな心を持った、としても・・・。

子供や奥さんの支えがあり、仲間の支えがある。沢山のファンがいる。子供の為にも人生を諦める訳にはいかない・・・でも・・・あまりにも「酷過ぎる」現実が秒単位で降り掛かってくる。

食事やトイレは当然の事。顔が痒くても掻く事すら出来ない・・・想像を絶する状況です。

一体どのようにして生きる事への糸を紡いだらいいのだろうか?どうやって自分自身を支えたらいいのだろうか?どうやって・・・。

答えは出ない。言葉も思い浮ばない。あまりにも残酷で、高山選手の過ごす「1秒」が、あまりにも・・・重い。

この事故から数か月・・・高山選手は「いつも応援ありがとうございます。皆様からのご声援に応えられるよう頑張ります!」とのコメントを発表しているそうです。

・・・・・・高山選手に、たとえ1秒でも、1ミリでも、1センチでもいいから幸運が訪れるよう、少しでも笑顔でいられる瞬間が時間になり、生きる何かに繋がる事、心から願っています。

最後はドン・フライ氏の言葉をお借りして締めたいと思います。

「毎日あなたの回復を祈ってる」。

2017年03月31日(金)若い女性独特の魅力って何?

現役女子大生・・・あまりにも年齢が離れすぎていて娘としか思えない。ん~わかります。

その一方で「女性は若い子に限る」というご意見・・・こちらも良く理解出来ます。

個人的にどちらが好きか?と言われれば、19歳も魅力的!48歳人妻なんて大好き!となってしまいます。でも「若い」は確かに特別感はあると思います。

今回はその「若さの魅力」についいて勝手な変態意見を書いていこうかと。

何なんでしょうねー。あの若さ独特の魅力って。「ロリコン」という言葉で表現される場合もありますが、それは正確に言えば生理も来ていない女児に興奮する異常な「病気」の事。

ですので女子高生に興奮したら変態扱い!というのは如何なものか?とは思いますが、法に触れてはいけませぬ。

以前、かみさんが「もうミニスカートなんて穿けないよ!あれは若さの特権っ!」と・・・。

まぁ、確かに女子高生の制服を30才を超えた自分のかみさんが着たら「違和感バリバリ」ですが(笑)。そういう意味では理解出来ます。

また以前、中1女子のお母さんが「やばいわっ!最近娘から凄くいい匂いがするのっ!男を誘う匂いよ!あれはやばいわっ!」と言っていたのを思いだしました。

残念ながら中1女子の匂いを嗅いだ経験がありませんので、何ともわかりませんが、その辺は年頃の娘さんのお父さんに聞いて下さい(笑)。

自身が中学生だった頃を思い出すと、同級生・・・確かに「いい匂い」がした記憶があります。まぁ思春期ですから敏感ですし。

匂いという点では、人間「加齢臭」というものが存在する以上、若い子の匂いは魅力のヒトツだと思います。

また肌については「水を弾くような」「ピチピチ」と表現されるように、これも説明不要の魅力。

そこにミニスカートが加わると・・・んー・・・そうなると女子大生最強説も頷けますね。

その世代ならではの魅力があり個々の魅力もあり、一概には言えませんが、皆様はどう思われますでしょうか?

2017年03月07日(火)54歳、スカートめくって逮捕(笑)

埼玉にて「短いスカートをはいているなら見せるべきだ」とスカートをめくったおっさん(54歳無職)が逮捕された、とNETニュースを発見。

うんうんうん。わかるよ!気持ちは痛い程よくわかるわー。でもおっさん!それやったら逮捕&変態扱いになっちゃうよねー。

54歳無職かー・・・。これが絶世のイケメンお金持ち!だったら、諸々話しも違ってくるんでしょうか。悲しい現実かと思われ(笑)。

まぁ、金持ちならそんな欲求は簡単に解消出来ますし。イケメンなら尚更の事で。

君はどちら側か?と言われたら、私は完全に54歳おっさん側(笑)。まぁ仕事はしておりますが。

男なら誰でも気になる?綺麗な女性のミニスカートの中!以前「パンツ見て何が楽しいの?そんなに見たいの?何で見たいの?」と元カノに詳しい説明を求められた事がありました。

説明出来ないんだなぁー。敢えて言うなら男の想像力の産物かと。薄い布きれの先には・・・男子が焦がれる思いを寄せる部分を包んでいて、的な事だったり。

こんな子がそんな色!おー!と勝手に喜んでいる、と説明したところで「ふーん・・・何か引くわ」と言われる始末(笑)。

そんな捕まるような事しなくても、当店のレベルの高い女性陣の「しゃれおつなパンティー」を直にご覧ください!マジで皆、スンゴイですから!

2017年04月28日(金)結果、下着がスケスケに!

大きなイベントで活躍する「綺麗が武器」な女性たち。当店にも複数在籍しております。

NETで画像を検索すると、画像がワンサカ出てまいりますが、もちろん検索ワードは秘密ですww。

衣装・コスチュームが非常に過激なものもあれば、露出が少ないものもありと、見ているだけで妄想が尽きません。

「下から撮られるのはもう慣れました。最近は撮ってる人の顔が必至すぎて(笑)、だから良く撮れる角度をサービスしてます(笑)」と当店在籍のCちゃん!

「何かロケットみたいなカメラで(笑)。毎回綺麗に撮れたのをプリントしてプレゼントしてくれる方もいます。」と当店在籍のIちゃん!

「私はもう自前のTバックです(笑)。衣装の見せパンは可愛くないし。どうせ撮られるなら、って思うので。」と当店在籍のEちゃん!

「アンダーヘアー・・・もう処理のしすぎでほとんどありません(笑)。」という子も多いんです。

「自前の下着が増えちゃって、もう盗まれてもわかりません(笑)。」というIちゃんは、見られる事を前提に下着を選んできた結果、面積が極小のスケスケものばかりになってしまったそうで、お客様に喜ばれるという意外な結果に(笑)。

当店の女の子たちは、基本的に「エッチ」で「お洒落」です。カメラ小僧には手が届かない憧れの存在である彼女たち・・・お届け致します。

2017年07月10日(月)中尾このみ=隠した色気が余計に・・・。

改めて「会話」と「立ち振る舞い」から漏れ放つ女の色気というものを感じさせてくれる彼女。

日本女性が本来持っている「控えめ」「3歩下がって」的な魅力をビシビシ伝えてくれる中尾このみちゃん。

お淑やかであり、その中に「隠した積極性」が垣間見れるという稀なタイプの本当の美人さん。

中々写真では伝わらない魅力が沢山ある子でありまして、まず綺麗な女性が持つ「いい香り」は、毎回スタッフをメロメロにしております。

仕事中に股間が騒ぎ出す始末でして(笑)、困っております。

服のセンスもやはり男性の視線を意識してのチョイス!ミニスカート姿は想像以上の興奮をお客様に運んでくれるハズです。

と、そうなれば・・・おパンティーは当然のようにお洒落でカワイイものばかりだそうで「たくさん持ってます(笑顔)」との事。1枚くれぃ。

また、内面的には完全な「甘えん坊」の寂しがりやさん。お金より「綺麗だね」とか「可愛いね」と言われる事にお仕事のやりがいを求めている典型的な「天使」タイプ。

ですので、非常に濃厚な時間を過ごせると、お客様からお言葉を頂いているのが本当のところです。

出退勤が非常にしっかりしていて常識と恥じらいを持つ彼女。是非一度密着して頂ければ、とスタッフ一同心よりおススメさせて頂きます!

2017年07月18日(火)永嶋ゆい=エッチな秘書!

顔が可愛い子は沢山いるのですが、彼女の場合は可愛いが当たり前の前提として、その立ち振る舞いが特別にカワイイっ。

いちいち可愛いんですね(笑)いちいちです。もしかしたら「ん?計算なのか?」とも思い、暫く泳がせておいたのですが(笑)、完全に自然体の中で仕草が可愛い!

綺麗であったり可愛かったりする女性は、何をしていても「得」です。出来の悪いサラリーマン時代、人事部に仲のいい同期がおりまして、そいつが言ってました。「能力が同じなら、可愛い子採用するに決まってるっしょ!」と(笑)。

もちろんそいつに人事決定権がある訳ではありませんでしたが、上の人間がそんな基準で判断していたのは事実。そして同感です(笑)。

共に働くなら、綺麗で可愛い子のほうがいいに決まっておりますw。朝起きた時の気合からして違いますから(笑)。男って、そんなモンです。

彼女の会社でのお話しを色々と聞かせて頂きましたが、まぁ~思い当たる事が多くて思わず笑ってしまいました。どこの男性社員も考える事は一緒だなーとww。

綺麗な秘書が入社しましたと。当然、男は裏でざわつく訳です。まだ口説いてもいない、落としてもいないのにあーだこーだとねww。

ブスは一切視界にも入いらず、会話にも出て来ない。ルックスで差別するつもりは無いんですけどねー。男って、こんなモンです。

スレンダーな身体にEカップで顔がカワイイっ!彼女の会社で男性社員がザワついているのは確実です。

2017年10月10日(火)セクハラって、メリットは何?

「女子大生と同室13連泊 弘前大准教授の“常習セクハラ”手口」という記事をライブドアニュースで拝見しました。

「准教授は2014年3月のアジア出張の際、同行した女子学生と同じ部屋を予約。嫌がる女子学生を無視、「同室の方が安くて安全だと思った」と弁解しているという」

十数年前からセクハラで何度も注意を受けていたオッサンのようですね。50代だそうで。うーん・・・毎度のセリフですが気持ちはわかるんですけどね。気持ちは。

行動に移すなら「正面から正々堂々と」が基本だと思うんだけどなー。男なら誰だって若い女子大生とお泊りしたいハズですしね。このブログでは建て前は排除です。

何歳になろうが既婚者であろうが、若く美しい女性に何も感じない男などいない。手に入れたいなら正面から口説けばいい。それでエッチ出来る権利を得て堂々とコソコソすればいい。

口説けないなら綺麗に諦めて次!次!。目的も果たせない状態で同じ部屋に泊まって何すんの?何が楽しいの?相手は嫌がってる訳でしょ?それ見て楽しんでるの?それならもはや精神科に行く事をおススメしたい。

あっ!!おパンツを漁ったのか!?同室ならそれが可能だ!それかー!それならわかるぞっ!うんうん(苦笑)・・・13連泊する理由がやはり理解出来ん。

同じ男としてわからないんです。セクハラというモノ自体が。セクハラで自分の性的欲求が100%満足するのか?不思議でならない。触れない・抱けない・キスも出来ない・・・一体何が楽しいのか?

そんな状態で連泊して何を満足させられるのか?男として。いいカッコする気はさらさらありませんが、セクハラは本当に理解に苦しみますね。嫌われるだけでメリットが無い。

准教授さん、猛勉強の末に掴んだ地位と名誉なんですから、そんな事で人生棒に振るのはもったいないですよー。

2017年05月15日(月)口説いても落ちない、という現実。

もう5月でございます。時間の経過が早すぎて自身の老化に歯止めがかかりません。

男女が出会う季節ですね!会社員時代、今年の新人で可愛い子は誰だ?なんて事で毎年盛り上がっていました。要するにダメ社員ですが。

学校を卒業して会社に就職!そこには社会人としての希望と先輩男性社員から「狙われる」という現実が待っております(笑)。

かわいい女の子は常に男から狙われる存在。会社員時代、正直奪い合いでしたね(笑)。負けっぱなしでしたが。

かわいい子は自分が「イケてる」事をわかっておりますので、ハードルが非常に高いww

金も無い、ルックスも並み以下の私が「男前」と戦うには「マメさとお喋り」を磨く以外に活路はありませんでしたので、必死でした。

おかげさまでオッサンになった今頃、その経験が役に立っておりますが(笑)。

当店の女の子のお話しを聞いていると、まぁーあちこちで口説かれておりますねー。当然なんですけれども。

一度ぐらい断わられても、諦めずに。計画を立案し事前に足を運び調べ把握して・・・という涙ぐましい努力、痛い程わかりますww。

そんな男の努力、当店の女の子たちは「ごめんなさい、もうやめて下さい。申し訳ないので」と、なかなか落ちないようです。

プライベートの場合、当店の女の子は相当ハードルは高い。それなりの肩書を持つそれなりの男性が本気で口説きにいっても落ちない。

そんな「ある男性にとっては高嶺の花」を、口説く手間を一切省いてお届けしております(笑)。

2017年10月17日(火)隠しカメラの前で、やっちゃったかぁ~(悲)。

東京・豊島区の訪問介護先のアパートで女子中学生の部屋に無断で侵入したとして、介護施設の元職員(42)が警視庁に逮捕されました。

女子中学生は容疑者が介護をしていた70代女性の孫で、行動が不審だったため、家族が部屋にカメラを設置したところ、容疑者が女子中学生の部屋から下着を持ち出し、返すところが写っていたということです。

容疑者は取り調べに対し、「部屋に入ったら下着が見えてムラムラしてしまいました」と容疑を認めているということです。


うーーーーーーーーーん・・・理解出来なくは・・・ない・・・んですけどね(笑)オナヌーしてしまったんですねぇ。カメラが設置されている事を知らずに。

よっぽど怪しい行動が以前からあったんでしょうねぇ。そうじゃなきゃカメラなんて設置されませんし。以前、同棲中の彼女に「パンツ漁るな(笑)」と言われた事はありますけども。バレるモンなんですね。

自身が中学生の時、友達の姉ちゃんの下着がベランダに干してあったのを目撃してしまい、その光景を目に焼き付けてオナヌーをした事があります。

思わずその友達の家に用もないのに通った記憶がございます。思春期ど真ん中に年上の女性のオパンテーは刺激的過ぎましたね。ハイ(笑)。ただ、そのお姉ちゃんの部屋に無断で侵入する勇気はありませんでした。

侵入したい気持ちはヤマヤマでしたが、もしバレたら、ただでさえ変態キャラ爆発で笑いを取っていた私・・・裏付けが取れて事実認定されたら本物として地獄の思春期を送る事になります。それだけはイヤっ!

まぁ女性の下着に興奮する気持ちは非常に良くわかるんですけども、それは相手の承認を得て楽しむもんでありまして・・・。

しかし今回、被害者の中学生の気持ちを考えると・・・思春期ど真ん中ですから心の傷というか、そこが心配です。

42才でしょ?いくらでもオパンテーを楽しむ方法はあるはずなんですけどねー。合法的に。

欲望を満たしたかったら、男は正々堂々と変態宣言をして、了承を得る努力をしましょう。私のように(笑)。


△ 画面のトップへ戻る
©Copyright 2018 club-mimosa.com All rights reserved.